歩けば歩くほど足は強くなる

10年ほど前、その当時働いていた職場へは自転車で通っていました。片道およそ15分ほどでしたが、途中には坂道もあってそこそこ運動になっていると思っていました。ところが、あるとき友人を案内して浅草を歩いたところ、1時間も歩かないうちに足が痛くなって休まざるを得なくなってしまいました。そこではじめて、毎日30分ほど自転車に乗っていても歩く機能は維持できないのだとわかり、週の半分の通勤は徒歩で行うなどして徐々に歩く頻度を増やしていきました。以来10年、歩くことを欠かさなかったために今では10年前と比べて相当足も強くなり、1時間程度ではへばらなくなりました。

 今やっているのは、休みの日が晴れたときは2時間以上歩くということで、これは一応の目的地を決めて自宅から1時間歩き、また1時間かかって帰ってくるというものです。さすがに2時間となると家に帰り着くころはかなり疲れていましたが、そういうことを3ヶ月以上続けていると徐々に慣れてきて、今では3時間ぐらいなら歩けるようになってきました。

 ここで重要なのは栄養補給。今日は歩けるなという天気の日はまず朝に鶏肉を食べて蛋白質を補給。そして、歩いているときに筋肉がつらないように野菜もきちんと摂ってカリウムも補給します。そして、2時間から3時間歩いて帰ってきたら、牛乳にプロテインを混ぜて補給。こうしてしっかり使ってしっかり補うということをしていると、筋肉がどんどん強くなっていきます。そろそろ山のほうに行って、もっと長いトレッキングにも挑戦してみようと思っているところです。