年収アップ?ハード?

白衣の天使といわれることが多い看護師ですが、実際に看護師として働く方の目的は様々です。ある方は、高い看護理念を抱き理想の看護師像に近づくためにお仕事をしています。
また、ある方は安定したお仕事ということで看護師を選んでいるかもしれません。やはり、看護師として働く目的は人により異なるのです。

看護師として活躍する方の中には、給与水準に魅力を感じている方が多いことも事実です。お仕事はハードですが、性別に関係なく安定したお給料を得ることができます。サラリーマンの平均年収以上を得ることもそれほど難しくはありません。さらに多くのお金を稼ぎたいという方がいるのであれば、働き方を工夫してみてはいかがでしょうか。
近年募集が増えている働き方の一つに夜勤専従を挙げることができます。夜勤専従とは、文字通り夜勤のみを行う看護師を意味します。ご存知の通り、夜勤に入ると夜勤手当が支給されます。

通常、常勤の場合、月4回程度の夜勤が一般的なので手当てを4回しか受け取ることができませんが、夜勤専従の場合は夜勤に入った回数分だけ手当を受け取ることができます。原則的に夜勤専従の方の勤務日数は月9日と定められているので、これ以上入ることは難しいですが、最大9回分の夜勤手当を得ることができます。夜勤手当の額は医療機関により異なりますが、多い所を選べば1回数万円が支給されます。だから、年収を大幅にアップすることができるのです。 夜勤専従はきつそうというイメージの方が多いかもしれませんが、実際に働いてみると生活のリズムが安定するので楽になったという意見もあります。興味のある方は看護師転職サイトの口コミなどで相談をしてみてはいかがでしょうか。